銭湯(中心・東部)地図


大きな地図で見る

源泉湯 燈屋 (A)

休憩室もあり、メニューも充実した食事も出来る。露天風呂も岩風呂やひとり桶風呂など充実している。
褐色透明の当湯は、「含食塩─重曹泉」。
塩分を含んでいるため、ポカポカと身体を芯から温め、高い保温効果がある。
【営業時間】10時から24時 【定休日】なし 【料金】900円
【住所】上阿原町590-3

鏡温泉 (B)

鉱泉をあたためている。浴場正面には甲府の名湯と示し書きがある。昔ながらの温泉銭湯で泉質は単純泉。
【営業時間】9時から21時 【定休日】水曜日 【料金】400円
【住所】相生1-3-8

新遊亀温泉 (C)

まさしく温泉銭湯。人は次から次へ。透明で薄い茶褐色のお湯はぬるすべ感が強い。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。
【営業時間】14時から22時 【定休日】木曜日 【料金】400円
【住所】太田町11-5

国母温泉 (D)

甲府市の南側の市街地の中にあるおすすめの温泉銭湯。脱衣場、浴室、浴槽共に広く、浴槽は3つ。うっすらと茶色に色づいたお湯は、とても心地よい。泉質は、「ナトリウム-塩化物、炭酸水素塩泉」
【営業時間】10時から22時 【定休日】水曜日 【料金】400円
【住所】国母1-3-4

HOTEL1-2-3 甲府信玄温泉 (E)

甲府の中でも穴場でしょう。それほど混んでませんし、一人でくつろげることも可能です。ボイラーによる加熱や水などを加えず、源泉100%のお湯をそのまま湯船に溜めて、循環せずに、贅沢にかけ流しで湯を使っているとか。
【料金】日帰り湯500円
【住所】国母8-1-1

湯王温泉 (F)

浴槽は高温浴槽、泡風呂、低温浴槽、寝湯、打たせ湯等。
お湯はわずかに薄い黄褐色をしているが無色透明。弱硫黄臭で、泉質は単純温泉。
【営業時間】6時から22時 【定休日】なし 【料金】400円
【住所】住吉5-10-18